業者に依頼するときは

注意すること

女性

同人誌を初めて作成するときは、印刷業者に頼むときに気をつけることはないのだろうかと気になることもあるでしょう。
注文の仕方やデータの入稿方法、原稿の届け方などは業者のホームページを見れば詳しく説明されているので迷うことは少ないはずです。
ですが、同人誌の作成を頼むときは、マナーを守らなくてはいけません。
同人誌を作るときは、いつまでに仕上げたいといった希望もあることでしょう。
前もって印刷の予約をしておこうと考えている方もいるかもしれません。
予約をするのはいいのですが、その後の印刷業者のスケジュールもありますので納期はきちんと守るようにしましょう。
原稿を送る場合は、配送にかかる期間や天候の不順なども考慮して早めに発送するようにしてください。
納期が送れると印刷業者に迷惑をかけることになります。
また、印刷業者は同人誌の作成に取り掛かれなくなるので、期日に間に合わなくなる可能性もあります。
それに、印刷するサイズやページ数、本の仕様も間違えないようにしておきましょう。
同人誌が出来上がってからは修正はできません。
ページ数を表しているノンブルを入れることも忘れないようにしましょう。
ノンブルを入れていないとページの順番がわからなくなり、製本のときに正しい順番であるのかわからなくなります。
最後に、入金の期日を守るようにしましょう。
入金をしないことには、印刷して製本された同人誌の発送はしてもらえません。
これからもお付き合いをしていく印刷業者さんになるので、約束事は守りましょう。

事前計画が大切

冊子

同人活動は数ある趣味の中で人気ジャンルのひとつになっており、巨大イベントが開催されるまでに至っています。
イベントはニュースで取り上げられるほど注目が集められ、参加者の増加とともに、同人誌やグッズのクオリティが年々高まっているのです。
企業出展も増加する傾向ですが、個人制作が同人のメインであり、いずれもイベントを目標にコツコツ取り組んでいます。
そんな活動を支えているのが印刷サービスで、クオリティの高さも求められる昨今、プロの技術は必須といえるでしょう。
家庭用プリンターも発展を続けていますが、印刷専門サービスの仕上がりと比較した場合、その違いは一目瞭然です。
話題性と販売数にも影響する要素ですので、肝心な部分で家庭用機器に走らず、印刷サービスを利用するべきでしょう。
印刷サービスは部数が多いほど料金がお得になるため、例えば50部を2回注文するのではなく、100部を1回で注文したほうが断然有利です。
また、一般的な印刷タイプとしては、少部数から安価で依頼できるオンデマンド、高品質な仕上がりのオフセット印刷が選択できます。
こちらも発行部数で料金が大きく変動することから、予算を含めた事前計画がポイントとなるでしょう。
同人用印刷はイベントシーズンに注文が集中し、締め切りが早まる傾向ですので、なるべく開催ギリギリの利用は避けるべきです。
プランで納期を早めることも可能ですが、通常はイベント日の10日前後に締め切りとなるため、依頼先選定は早めを意識します。

料金や品質、おまけで選ぶ

印刷物

同人誌を作ろうと思ったときは、まず印刷業者を探しますよね。
ただ、個人も取り扱ってくれる印刷業者は多くある為、選び方がわからない人もいるでしょう。
さて、実は印刷業者を選ぶのにはいくつかポイントがあります。
そのポイントを参考に、自分の気に入る印刷業者を見つけてみてください。
同人誌を作る際に、まず金額気になる人は料金を確認してください。
同人誌は、販売はしても利益を得ない(得てはいけない)ことが多いです。
その為、費用回収が見込めません。
だから、印刷したい冊数を完全に自費でも納得できる金額でしてくれる業者を選びましょう。
もし、金額を重視しない人は品質で選ぶといいでしょう。
同人誌は紙や印刷方法でも、業者によって出来上がりが違います。
例えば紙です。
紙は、業者によって扱う物が違います。
上質な紙やラメの入っているなどの遊び紙、種類はたくさんです。
紙によっては金額も上がりますが、気に入った紙で同人誌を作るのも楽しいでしょう。
見本を送ってくれる業者もあるので、それで紙の品質を確かめることができます。
また、印刷機によっても、出来上がりが違います。
細部や鮮明なカラーを印刷しようとすると、印刷機の性能にかかってきます。
業者によって、ホームページで本の出来上がりを紹介しています。
それを見て、本の出来上がりを確認してください。
最後に、印刷業者によってはおまけを付けてくれる所もあります。
おまけとは、送料を無料にノベルティを無料で作成してくれたりなどがあります。
中には、割引してくれる業者もあります。
金額や品質が同等だった場合、おまけで選ぶのもいいでしょう。